SERVICE
越境ECオリジナルプロモーション

越境ECオリジナルプロモーション

登録会員数が7億人を超える世界最大オンラインショッピングモール「天猫(Tmall)」。
天猫に次ぐシェアで日本製品の販売総額が1,569億円を超える「京東商城(JD.com)」。
こういった世界最大級のプラットフォームで消費者に見つけられ、信用されるための〝独自の販売導線”を提供します。

天猫(Tmall)とは?

天猫(Tmall)は高品質、高付加価値の商品を求める中国の消費者のために2008年に設立された世界最大のオンラインショッピングモールです。
2015年では7万以上の出店者、総流通総額は約8兆3,325億円を達成しています。
また、天猫(Tmall)はB2Cモデルのモールで、個人間取引(C2C)の淘宝網(タオバオ)よりも出店に際して高いハードルを設け、ニセモノや不正な商品を減らし、消費者に信頼感を与える構築をおこなっています。

上記の内容に加え、登録会員数約7億人のうち、55%がIphoneユーザ、52%が女性という特性は日本製品販売事業に適した環境と言えます。

天猫(Tmall)出店の落とし穴

しかし、下記の現実と課題をご存知ですか?

REALITY 1

消費者に見つけてもらえない

天猫(Tmall)は7万店を超える
店舗が出店しています。
宣伝広告費をかけない商品が
見つけられるのは非常に困難です。

REALITY 2

出店コストが高い

天猫(Tmall)出店には
保証金、年間費などの固定費と、
販売金額に応じた手数料を
負担する必要があります。

REALITY 3

売上ゼロの出店者が7割

天猫(Tmall)で黒字を
確保している出店者は
1割に満たないのが現状です。

※2014年12月米紙報道

7万店舗以上が出店する
世界最大のショッピングモール(天猫)で、
消費者に見つけられ、信用される格安の
『独自の導線』

をご提案いたします。

微信(Wechat)・微博(Weibo)でも専用ページから直接誘導!

微信(WeChat)は、登録アカウント数が11億2000万人以上で、月間のアクティブユーザ数も4億4000万人以上の月間アクティブユーザーがいるとされています。(2015年12月時点)

トランスアジアでは専用ページを開設し、サンプリングなどのイベントを開催するなど集客ツールとして活かしています。

微博(Weibo)は、登録アカウントが6億、デイリー投稿数1.6億件を超える中国最大のソーシャルメディアで、Twitterに相当します。
トランスアジアでは専用ページを開設・運営し、集客ツールとして活用します。

過去の事例として、某日系廉価靴メーカーがモニター募集=プレゼントを実施したところ、2週間で3,000人の応募があるなど効果のほどは実証済みです。

現地で影響力の高いKOLを活用したプロモーション

口コミ情報を増やすために微信(Weibo)上で影響力の高いアカウント(KOL=Key Opinion Leader)を活用したプロモーションを実施します。
KOLへのサンプル商品を配布やプレゼントキャンペーンの実施を企画提案します。